本当に稼げる副業口コミまとめ ドロップのエンジェルツール

初心者なら絶対に利用するべきエンジェルツールを使った副業とは!?ドロップ

副業をする前に特商法を確認する必要性

time 2022/03/09

売買取引をするための基本的なルール

最近では特商法という言葉を耳にすることもありますが、売買取引を安心して行うために設定されています。
売買取引はインターネットの普及でネット通販が主流になりつつあり、注文した商品とは別のものが届くなどのトラブルも多いです。

また、海外の格安の通販サイトではこのようなトラブルが起きやすく、実際に購入すると壊れたものや偽物になることもあります。
特商法はこのようなトラブルを防ぐために設定され、連絡先や所在地、代表者名、個人情報の取り扱い方を明記するよう義務化しています。

このため、電子商取引をするときは違反をしないよう責任を持ち、お互いに信用できるようにすることが必要です。仕入れは少しでも安くしたいものですが、だまされて無価値なものを手に入れると逆に損をすることになります。

せどりや転売をするためにはきちんと確認しよう

せどりや転売は安く仕入れて高く売れば差額で利益を出せますが、購入した商品が偽物や不良品であれば売れないため逆に損をします。
このため、通販サイトを利用するときはきちんと特商法に関する表記があるか確かめ、トラブルが起きないようにすることが大事です。

購入した商品が不良品であるときは返金してもらえるようにしないと損をすることになり、取引先を選ぶ際にはできるかどうか確かめる必要があります。
せどりや転売は出品者と購入者がお互いの信用のもとで成り立つことを理解し、期待を裏切らないよう責任を持つことが重要です。
特商法は違反をすると罰則規定がありネットショップではきちんと表記し、信用してもらえるようにしないといけません。

なぜ設定されているか考えよう

商売をするときはお互いの信用のもとで成り立っているため、裏切らないようにするためにはルールを守る必要があります。
特商法は消費者庁が安心して取引ができるよう設定し、表記する項目や内容、罰則規定を決めていることが特徴です。

商品を購入するときは信頼できる取引先であるか確かめ、トラブルが起きてもすぐに対応してもらえるようにすると安心できます。
せどりは以前は店舗で商品を仕入れていましたが最近ではネットになり、相手の顔が見れなくて不安になるものです。
このため、情報を明記することでお互いに信用できるようになり、不正をしにくい環境を作ることができます。特商法は商取引をするための基本的なルールになり、せどりや転売を行う前にきちんと確認して責任を持つことが大事です。